カートをみる|マイページへログイン|ご利用案内|よくあるご質問|お問い合わせ|お客様の声|サイトマップ
RSS
 

【3Dペン】3Dsimo(3Dシーモ)

3Dsimoは鉛筆の様に使える3D出力機です。
プラグを差し込み使いたいフィラメントとその樹脂にあわせた設定を選び描き始めるだけ。
ペンのデザインも人の手にあわせた形で、長時間使っても負担を軽減しています。
FDM出力方式を使ったシンプルな商品なので溶かされて押し出されてくる樹脂を使って描きたいものを描いていくだけ。
まさに「空がキャンバス」な商品です。

3Dペン 3Dsimo(3Dシーモ)【3Dsimo専用ページはこちら】

【3Dペン】3Dsimo(3Dシーモ)

価格:

21,546円 (本体 19,950円、税 1,596円)

[ポイント還元 215ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる

・アイデアを形に、直ぐに、簡単に
・樹脂製商品の修理に
・3Dプリンタで出力した造形品を修正、補強、合体に
・オリジナルジュエリーや手芸品を作りに
・プラモやフィギュアに自分だけのオリジナリティを

※3Dsimoで出力可能な材料は殆どの表面から出力することが可能ですが、PLA・PET・FLEXIはガラス面を、ABS・HIPSは紙をベースに出力することを推奨します。


「小型3Dプリンタ」並の性能
3Dsimoは次世代3Dペンです。数ある3Dペンの中で、唯一温度調整・出力速度設定・多材料出力など、
DIY好きのかゆいところに手の届く商品として開発されました。


本体内蔵の制御ディスプレイ
ここから温度・速度を設定出来るほか、事前にセットされている樹脂タイプ毎の設定をそのまま使えば
材料に合わせた、最も適切な出力が可能となります。
新しい材料の場合、これに合わせた温度と速度設定を行い、保存も可能です。
温度や出力速度などは3Dペンにとって最も重要な要素でもあるので、これをディスプレイに開示することによって、
色んな種類のフィラメントを使い失敗の少ない出力が可能となります。


温度調整
温度調整が可能になったことでABS・PLA・HIPS・PET・PC・FLEXI・THERMOCHROME・
LAYWOOD-D3・BENDLAY・LAYBRICK・smartABS・PVAなど、現在市場に出回っている材料から
発表されて間もない新材料まで、様々なフィラメントに対応しております。


速度調整
速度設定が自由なので、材料・環境・用途に合わせて「色んな材料で空中に絵がかける」「お好きなプラモに
オリジナルデザインを施す」「部品同士を接合する」「素早く詰める」など、様々な場面で役立てる商品です。


本体 全長:210mm
幅:先端:29mm グリップ:73mm
重量:258g
色:白色
梱包サイズ 260mm×140mm×70mm
梱包込重量 約500g
最大温度 255℃
造形方式 FDM
印刷材料 ABS、PLA、PVA、NYLON、LAYWOOD、LAYSTONE、FLEXI、他
付属品 3Dsimo本体、ACアダプタ、フィラメント(詳細未定)、説明書


※ご注意下さい※
本製品は電気ヒーターを使用した樹脂過熱式造形ペンです。
使用時、ヘッド(フィラメント射出ノズル)とその周辺は250℃以上の高温となります。
ご使用の前に必ず本紙の説明をお読みになり、本紙を製品とともに大切に保管しておいてください。
火傷や発火、故障の恐れがありますので、以下の注意事項を守ってください。
・可燃物の近くでは使用しないこと。
・射出口やその周辺は手肌や周囲の物に触れないようにすること。
・本商品の使用後、加熱部分の冷却が完了したことを確認してからお子様の手の届かないところで保管すること。
・温度の高くなる可能性の場所での使用は行わないこと。
・万一、フィラメントが投入口より逆流・液溜りがみられた場合、溶けている時に針金などで取り除いて下さい。
無理にフィラメントを引き抜かないこと。
・使用しない時は電源プラグを抜いておくこと。
・製品を濡らさないこと。また濡れた手で使用しないこと。
・純正消耗品以外の使用や改造・分解は行わないこと。
・強い衝撃は与えないこと。
・16歳未満のお子様には使用させないこと。
・閉めきった部屋の中で長時間使用し続けないこと。
・射出口に口、鼻を近づけすぎないこと。
・製品の使用についてご不明な点がございましたら、販売店もしくは当社へお問い合わせ下さい。

※その他注意事項※
・修理期間中の代替品のお貸し出しはいたしません。
・本製品の故障等に起因するお客様の損失に対しては補償いたしません。
・販売店では修理受付を行っておりません。まずは下記ウェブサイトをご覧ください。
・修理窓口への発送は購入時の箱と緩衝材をご使用いただけないと、運搬中に修理対応の出来ない故障になる恐れがあります。